水俣セミナー第107回 森枝敏郎講演会「元・熊本県行政官が語る水俣病現代史の転換点」


水俣フォーラムでは、1人の講師にじっくりお話しいただき、「水俣」をさまざまな角度から考えるセミナーを定期的に開催しています。
私たち自身の生活や社会を問い直すヒントにあふれる、あまり堅苦しくない集まりです。どうぞお気軽にご参加ください。


60年近くにおよぶ水俣病事件の後半30年の大きな節目といえば、1996年の政治解決策による未認定患者の和解と、水俣病の発生拡大を放置した国と熊本県の賠償責任を2004年に最高裁が確定した関西訴訟判決。この2つの時期、熊本県の水俣病行政に直接かかわった講師は、水俣の対岸、御所浦島を故郷とする者でした。

海に生き、今も多くの被害民が名のりを上げるこの天草の美しい島の人々の生活実感と行政システムの間で苦闘した日々を振り返ります。


案内チラシはこちら
日時 2015年2月9日(月) 午後6時30分開場、7時〜9時
会場






常圓寺 祖師堂講堂(地下1階)
東京都新宿区西新宿7-12  >地図はこちら

地下鉄大江戸線「新宿西口」駅より徒歩4分
西武新宿線「西武新宿」駅より徒歩5分
地下鉄丸ノ内線「新宿」駅より徒歩6分
JR・小田急・京王線「新宿」駅西口より徒歩7分
参加費 1000円(高校生以下は700円)
申込み 事前の申込みは不要です。当日会場に直接お越しください。
問合せ
水俣フォーラム
TEL:03-3208-3051 FAX:03-3208-3052

終了後、会場近くの飲食店で交流会を行います。参加費は自己負担となります。どうぞご参加ください。



トップページへ